やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第11次応募作品】

おじいちゃん一度会いたかったけれど
私がおじいちゃんのぶんまでいきるから
天国から見守っていてね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ミカリン・群馬県・32才・女性〉からの投稿

自殺で亡くなってしまったおじいちゃん一度でいいから会いたかった複雑な事が原因で亡くなってしまったから可哀想だっただから私はおじいちゃんの文まで生きるのだ

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ