やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[兄弟姉妹へ]の想い 男性 60歳以上

【第11次応募作品】

弟の厄年を勝手に引き受けやがって!二人
きりの兄弟。俺何も返してないのに。先に逝
かれて、もう一人っ子って大変なんだぞ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈甘えん坊・兵庫県・67才・男性〉からの投稿

年子の兄は私が本厄を迎えた時に、自分の後役とまとめて持って行ってくれた。仕事場での事故死だった。あれから、もう30年近く経つけど、優しかった兄を忘れられない。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ