やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 60歳以上

【第11次応募作品】

妻よ あの日から早8年を迎えますね
世の中は変わり、子供達は成長しました
でも、あなたへの想いは変わらないよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈あっぷ・奈良県・61才・男性〉からの投稿

あの日もいつも通りにパート勤務をこなし家族揃って夕飯を済ませて団欒のひと時を寛いでいたのに、突然倒れ緊急搬送され、病院での検査は脳幹出血で手術の施しようもなく、二度と笑顔を見せてくれる事はありませんでした。妻が一番楽しみにしていた娘の花嫁姿と孫の誕生を見せてあげる事が出来なかったのが心残りです。仏壇と墓石の前で手を合わせる事しか出来ないけど、あなたへの想いはいつまでも不変です。やすらかに眠ってください。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ