やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第12次応募作品】

辛い時しか来なくてごめん
ぺたんと座り「会いたいよ」って泣く私
風に舞う線香の煙と祖父母の愛に包まれて

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈小雪・栃木県・49才・女性〉からの投稿

進む方向が見えなくなった時、私はよく祖父母の家を訪れていました。そこで特に悩みを相談するわけではなく、ただ談笑して美味しいご飯を食べて帰るだけなのですが、心がラクになったものです。今は2人とも他界し、会えなくなりましたが、辛くなった時、お墓を訪れて泣くだけ泣くと、やはり心穏やかになります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ