やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第12次応募作品】

入院中の弟が、お母さんにお線香をと
仏壇に手を合わせる弟の横顔には
涙と微笑みが、お線香の煙のようにすーっと

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈いしわかまる・栃木県・47才・男性〉からの投稿

弟は、精神的な病で、入退院を繰り返しています。今は、父との仲が気まずくなり、自宅に帰ることもままならない状況です。いつも、亡くなった母のことを気にかけているのか、お彼岸やお盆、母の命日が近づくと、私に、手紙が届きます。そんな弟の純粋な気持ちが、けなげでなりません。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ