やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[義理の母へ]の想い 女性 60歳以上

【第12次応募作品】

ありがとねと、か細い手で握りしめた義母。
明朝、百三才で永眠した。その手の温もりと
思い出を胸に、毎日仏壇に手を合わせてます

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈叶多・千葉県・64才・女性〉からの投稿

この夏、103才になる義母(主人の母)が骨折により入院しておりました。私は長年仲良しだった義母に毎日会いに行き、昔の思い出話や、頭や手を撫でたりしておりましたが、先日亡くなった日の前日に、私の手を握りしめて、何度もありがとうと言いました。その義母の手のぬくもりと、沢山の思い出とともに、綺麗な祭壇に毎日、お線香をあげてお経を唱えております。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ