やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第12次応募作品】

見出しには今日も胸騒ぎの文字が躍るね
じいちゃん、
さすかいねぇの声聞かせてよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さざんか・山形県・27才・女性〉からの投稿

「さすかいねぇ」は方言で、問題ない、大したことではない、大丈夫、のような意味があります。新聞や本をよく読む、読書家でおおらかな祖父の口癖でした。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ