やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[過去・現在・未来の世界中の人々へ]の想い 男性 60歳以上

【第13次応募作品】

今日も新しい命を頂き、感謝いたします。
全宇宙の御霊が安らかにご成仏され、
生きとし生ける者が平穏でありますように。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈行々子・埼玉県・70才・男性〉からの投稿

親鸞上人は一度も両親の御霊を慰めるために祈ったことはないと言われています。それは両親を含め、この世に生を受けた全ての者に対する慰めと平安の祈りだったのだと思います。私も親鸞に倣って仏前では上に記載したように、今日一日の命を全力で生きること、また、亡くなられた全ての御霊のご成仏と今地球上に生きている全ての生命、これから誕生してくる新しい命への平安を祈っております。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ