やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第13次応募作品】

今でも毎日心配かけてごめんね
負けず嫌いな私も、たまに泣いちゃうけど
優しくも厳しく、天国から喝いれてね!

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈くろまめ・北海道・42才・女性〉からの投稿

長女だからなのか、小さい時から祖父母には割と厳しく育てられました。言う事を聞かないと、よくきつく叱られたものです。でも大人になってからは、祖父母はすごく可愛がってくれました。祖父母に認めてほしくて頑張ることも多かったので、私はとても負けず嫌いになりました。そんな私でも泣きたいときはある。そんな時は、祖父母がしわくちゃで温かな手で「頑張りなさい」と背中をさすってくれたことを思い出します。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ