やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

お父さん、大好きよ。
お母さんが泣きながら、叫んだ声。
耳に届いていたかな。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ぽんぽん・愛知県・32才・女性〉からの投稿

隣町に暮らすおじいちゃんが息をひきとったと連絡があり、お母さんと一緒に急いでかけつけた。おじいちゃんはその時、もう冷たくなっていた。お母さんが、おじいちゃんに向かって泣きながら大声で言った言葉が忘れられなかった。「お父さん、大好きよ。」

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ