やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

兄ちゃんがさ、仕事はじめたよ
私もやっと結婚したし、子どももできた
ばあちゃんの言う通りだったよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ナナコ・福岡県・29才・女性〉からの投稿

両親が共働きのため、幼い頃は兄と二人、同居していた祖母によく面倒をみてもらいました。年をとるにつれ祖母との会話はほとんどなくなりましたが、嫁に行く立場になって改めて祖母が厳しくしていた意味がわかるようになりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ