やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第3次応募作品】

初めての孫は怖くて抱けなかった
2人目は流石に慣れてすぐ抱き上げた
大きくなった孫を抱きしめて欲しかった

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひめじろう・兵庫県・42才・男性〉からの投稿

父は定年後すぐ、私の次女が産まれる1年前に癌が発症。治療の甲斐もなく、次女の1歳の誕生日を迎える前に他界しました。普通であれば、定年後は孫の成長を見ながら、老後を楽しむものですが、それが出来なかったことを悔いているのかなと、線香を立てる度、ふと思う時が・・・

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ