やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[早世した飼い犬へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

珀ちゃん、天国で楽しく走っていますか。
次、生まれ変わったら、また会えるかな?
お互い瞳を見れば、きっと分かるよね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈拍ちゃん・静岡県・33才・女性〉からの投稿

白柴の珀は、病気のため7歳で亡くなってしまいました。私は嫁に行って、あまり看病もしてあげられなかったけど、治ることを願いました。父から珀が亡くなったと電話で聴き、仕事中でしたが、一瞬我を忘れそうになりました。その晩、ベッドの中で、地団駄踏みながら、泣きまくりました。珀の幻影が、廊下から近づいてくる気がして、珀が来てくれたと知りました。今度、また、珀と会えたら、幸せです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ