やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第13次応募作品】

お父さんそっちは寂しい?
でも、もう少しだけ見守っていてね。
こっちでお母さんと笑顔で過ごしたいから。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈春日 竜・埼玉県・44才・女性〉からの投稿

父が亡くなって3年後、母も生死の境を乗り越えました。いつ命の灯火が無くなるか分からない状態で、天国に連れて行かないでと、毎日祈ります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ