やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

「死んだらお花を絶やさないでね」の約束
なかなか果たせなくて気がかりだったけど
地元に引っ越してきたから。また来るね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈けみこ・千葉県・34才・女性〉からの投稿

お花の先生であり、庭にたくさんの花を育てていた祖母。「お花だけは絶やさずに供えてほしい」と私に頼んでいました。遠方に住んでいて、なかなかお墓にも来れず気がかりでしたが、主人と話し合い、地元へ引越しをしました。大好きだったおばあちゃんへ。大好きだったお花を。月命日に供えたいと思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ