やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

「いい歳をして もう泣くんじゃない」
そう言って 笑ってるだろうね お父さん
でも私 ずっとお父さんの 子供なんだよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かおる・広島県・51才・女性〉からの投稿

去年、父を亡くしたばかりです。日常の忙しさに気は紛れていても、お仏壇にお線香をあげて父に語り掛ける時間はやはり淋しさが募ります。「いくつになっても親にとって子供は子供」とよく言いますが、その逆もまたしかり。「いくつになっても子供」の部分が抜け切れない。そんなことを思うこの頃です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ