やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第13次応募作品】

「打ち手がない」そう言う私にあなたは、
「一つだけ方法がある。それは勇気だ」と。
いま、同じことを息子に伝えてる。父さん。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈やーくん・神奈川県・59才・男性〉からの投稿

多面的に物事を考えて、あとは結果を恐れず責任をとって行動することが大事だと端的に父から教えてもらった言葉です。20代の頃はじめて聞いた言葉ですが、いま、我が家では一番大切な言葉になっています。当然、息子にも私から同じように伝えています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ