やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第14次応募作品】

「できないことは、出来ない!でいい。」
それが男らしくて良いじゃないか。
この言葉は僕の財産です。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈正義・山形県・32才・男性〉からの投稿

亡くなる前の祖父が闘病して入院しているとき、僕を呼び、「おまえらしく生きろ」と声をかけ、そのあとにこの言葉を僕に授けてくれました。なんでも小綺麗に平坦にこなすことが良しとされる現代で、大正生まれの祖父だからわかる男の潔さからくる格好良さを教わりました。堂々と出来ないことは出来ないと言える男でいたいと思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ