やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第14次応募作品】

食べる事が好きな、料理上手なお母さん。
お母さんの命のバトンを受け継いだ私。
お母さんにも食べてもらいたい料理が沢山!

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈MIHO・東京都・28才・女性〉からの投稿

料理上手な母の横で、小さい頃からお手伝いをしていたら、自然と料理を作る事が好きになっていました。母が亡くなってからも着々とレパートリーを増やし、母が作った事のない料理も作るようになりました。私の作る料理をなんでも「美味しい!」と喜んで食べてくれたお母さん。料理が上手くいく度に、1番にお母さんに食べてもらいたくて、お母さんの優しい笑顔がとても恋しくなります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ