やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第14次応募作品】

母の日の近づく5月が寂しくて嫌だった
亡き母を偲ぶ想いから生まれた日と知り
それでも、やっぱり会いたくて涙が溢れた

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈トミコ・大阪府・43才・女性〉からの投稿

くも膜下出血で即死だった母。会社に行く私にいってらっしゃいとかけてくれた言葉が最後でした。今年、13忌を迎えるのに未だに母に会いたくて仕方ありません。母の日が近づく5月は、母がいない寂しい思いがいっぱいで仕方ありませんでしたが、亡き母を偲ぶ想いから生まれ日と知り、母のいない私にもとても大切な日なのだと知りました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ