やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第14次応募作品】

貴方の想いを想像するけれど。
一言だけでもいい。声が聴きたい。
そしたら前を向ける気がするのです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈葉月・山口県・28才・女性〉からの投稿

悲しいことやつらいことがあったとき、父であればこう助言してくれるだろうかと想像して自らを奮い立たせようとすることがあります。でもできるなら言葉をかけてもらいたい、そしたらすごく勇気づけられるのにと思って作成したものです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ