やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第14次応募作品】

困った時だけお母さんに祈るのは
私の弱さですね。
大丈夫よというあなたの声が聞きたいです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈クローバー・東京都・61才・女性〉からの投稿

22歳の時に私を産んで、母は還暦の前に亡くなりました。私には干渉が強くて反発して距離をとってしまいました。母がこの世にいなくなると、自分のことを無条件に庇ってくれる人がどこにもいないことに気づかされました。それからは、ため息をつく時に、「お母さんに会いたい」と漏れてしまうのです。その自分の声を聞いて、また、頑張ろうといつも思うのです。母からあんなに愛された自分なのだから、と。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ