やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第14次応募作品】

おかあちゃんが逝ってもう五十年
臨終の時のことしっかり覚えているよ
頬に流れた一筋の涙のこと

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈若狭展望・福井県・70才・男性〉からの投稿

母が亡くなって五十年。私が二十歳の時、難病の「再生不良性貧血症」で五十四歳で逝きました。その折、母の左目から一筋の涙がこぼれました。決して忘れることの出来ない涙です。悔しかったのだろうと思います。三人のまだ結婚もしていない息子を残して逝くのは。きっと孫の顔を見たかったのだと思います。後二十年生きて欲しかったです。悔しいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ