やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 50歳代

【第14次応募作品】

いなくなって気がついた
何気ない毎日が幸せだったこと
ありがとう 一緒だよ これからもずっと

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈りり・静岡県・51才・女性〉からの投稿

18歳という若さで旅立った最愛の息子。明日があるというのは当たり前のことではないんだと気づかされた。これからは一日一日を大切に生きていきたい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ