やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[ご先祖様へ]の想い 女性 30歳代

【第14次応募作品】

この世に生まれた時、父と母を知りました
大きくなると祖父母を知りたくなりました
今ではお遍路の線香花で「世」を学びました

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ロード88・香川県・39才・女性〉からの投稿

私の両親は駆け落ちをして結婚をしました。なので私は祖父母に会ったことがありません。でも父と母より、少しばかりですが祖父母の話を聞きました。その時にちょうど四国在住も影響をし、お遍路をしました。その時に香ったお寺の線香は、たくさんの人々が私と同じように故人を偲び線香で作られたお花のようでした。人が人を思う心は線香花のように、形としても残るものだと感じました。今、私が祖父母に会えたら父と母に対する気持ちと同じ感謝の気持ちで「生んでくれてありがとう」と言いたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ