やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第14次応募作品】

急逝したお父さん。もっと話したかったよ。
だから今、線香の煙にのせていろいろ報告。
聞こえてる?まるで遠距離電話みたいだね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈福島直子・神奈川県・58才・女性〉からの投稿

前日まで、会社に行き、いつもどおり晩ご飯を食べ、お風呂に入った父が、翌朝、亡くなりました。離れて暮らしていた私は、なんでもっと電話しなかったのだろうと今も後悔しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ