やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 60歳以上

【第14次応募作品】

アガパンサスの咲く頃に、毎年
我が家を訪れてくれたばあちゃんが
帰った後の、サロンパスの匂い懐かしい。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈じゅんグランマ・大分県・62才・女性〉からの投稿

毎年7月9日、その日はばあちゃんの息子である伯父の命日。海軍兵士だった伯父は南洋の海で戦死。その慰霊祭のためばあちゃんは、毎年田舎から2時間かけて護国神社に来てお参りし、その後我が家を訪れて1週間滞在してくれた。正直ばあちゃんを見送った後、ちょっぴり疲れてほっとする反面、ばあちゃんの寝起きしていた部屋に残るサロンパスの匂いや、?がれて落ちたピップエレキバンに、胸がキュンとするような淋しさを感じていた。ばあちゃんは91歳の大往生だった。息子さんに無事会えたかな。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ