やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[飼い猫へ]の想い 女性 ~20歳代

【第14次応募作品】

君たちの名前をつい呼んでしまう。
もういないことは分かっているけれど、
大好きだからしかたないよね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈功刀攸・沖縄県・24才・女性〉からの投稿

一昨年の年末から去年にかけて、五匹の飼い猫が病気などで亡くなりました。いないことは理解しているのに、名前を呼ぶことが当たり前で、つい猫たちの名前を呼んでしまいます。でもそれは猫たちのことが好きで、家族と猫たちの思い出を話すきっかけにもなるので、寂しいですが悲しいことではありません。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ