やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第15次応募作品】

77歳の母親の毎日は同じように規則正しい
毎日必ず父親の仏壇に線香をあげ話をする
仏壇はなくてはならない生きる証なんだ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈mieno・奈良県・53才・女性〉からの投稿

私は母親が毎日仏壇に座っている姿を横目に外出する。いつか母親にとって仏壇はなくてはならないものだと気づくいつまでも母親に長生きして幸せに過ごしてもらいたい

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ