やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 30歳代

【第15次応募作品】

「オトン元気?」なんて笑ってるかな。
普段ろくに口もきかなかったのにね。
今になって言いたいことが溢れ出てくるよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈友美・大阪府・37才・女性〉からの投稿

父はあまり胸の内をさらけだすタイプではなく、私も父に似ていたので、最期まで感謝の気持ちを伝えることができませんでした。今こうして手を合わせる私の心の中を、もしかしたら父がのぞいているかもと思うと、恥ずかしいような気持ちになります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ