やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 40歳代

【第15次応募作品】

ママが逝ったら、命日よりもママの誕生日に
桜の香の線香をあげて最愛の娘には死んだ日
よりママが誕生した日を覚えてて欲しいから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈有加里・宮崎県・40才・女性〉からの投稿

愛すべき大切な家族には、自分があの世に旅立った日よりも、自分がこの世に生まれた日を、いつまでも覚えていて、祝い続けて欲しいから。大好きな桜の花の香りとともに。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ