やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第15次応募作品】

何気無い会話を一つ拾えば今日も笑顔になる
両親のおかげで今日も健やかに成長します
少し小さくなった二人への私からの愛です

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈詩人の楽・岐阜県・14才・女性〉からの投稿

私は、人との関わりが苦手な所謂不器用な人間でして両親がいなかったら真っ白な不器用さにちょっとした色すなわち工夫がなく友達できてなかったと思います。改めて、ありがとうね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ