やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第16次応募作品】

おばあちゃんのレシピが再現できないよ
あの美味しい蕗の煮物、みんな食べたいのに
やっぱりおばあちゃんでなきゃ、ダメみたい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ラワンブキ・北海道・47才・女性〉からの投稿

おばあちゃんの蕗と卵の煮物。とにかく美味しくて、蕗の季節になると、それはそれはみんな楽しみでおかわりしました。あんなに食べたはずなのに、母も孫の私達も誰も再現できません。舌は覚えているのに。おばあちゃんに聞けば良かったと、いつも蕗の季節になるとお線香上げながら思い出話に花が咲きます。天国のおばあちゃんに、電話で聞いてみたいです。できれば代々伝えたい味でした。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ