やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第17次応募作品】

お父ちゃんがいるから、お前がいる。
私も母となり、やっと意味が判りました。
お父さん、ありがとう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈めぐみ・岡山県・52才・女性〉からの投稿

父は私が高校生の秋、交通事故で亡くなりました。「お父ちゃんがおるから、啓子が生まれたんで」。口癖のように私を見ては満面の笑みで繰り返していた父の笑顔がひたすら懐かしいです。 思春期で父とあまり話そうとしなかったことが今は、悔やまれてなりません。反発しか感じなかった父の言葉の意味も、大人になり、自分自身が母親となったの今は理解できるようになりました。父の位牌に向かって、お線香をあげる度に、「ありがとう、お父さん」と伝えられなかった言葉を告げています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ