やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第17次応募作品】

お母さん、口を開けば涙が止まらなくて。
2年目。写真を見るのが辛くて隠したけど、
3年目は、笑顔で話せるようになったよ!

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さとみん・北海道・44才・女性〉からの投稿

癌闘病後に母が亡くなり、看取り途中で私自身も病気に。何にも興味が持てず、食事をしても味がわからず、原因不明の病で生まれて初めて仕事を休業に。母親に似た後姿の女性を目で追うような日々。法事もできず、今秋に「3回忌」を迎えます。ようやく気持ちは回復してきたので、体調を戻して「法事」を行えたらいいなと思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ