やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第17次応募作品】

あの日々を振り返りながら話しかけ
幼かった私に寄り添ってくれた思い出と
暖かい記憶に感謝を伝えるの

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈月の話・長野県・30才・女性〉からの投稿

口下手な祖父で毎回おばあちゃん家に遊びに行くと黙ってお菓子をそっとくれました。その時はなんとも思っていませんでしたが今思うと祖父なりの愛情表現だと振り返るととてつもなく可愛く思えてきます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ