やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 男性 50歳代

【第17次応募作品】

生まれてきた時はそれだけで嬉しかったよ
成長して自分の考えを持つようになり
僕は今嬉しい気持ちと淋しい気持ちでいるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈羽田シルバー・神奈川県・54才・男性〉からの投稿

生まれてきてくれて、それだけで本当に幸せな気持ちでした。そして、それからの僕は、君たちのために一生懸命生きてきました。成長した君たちは、徐々に僕を疎ましく思う気持ちも芽生えてきて、僕は嬉しくもあり、少し淋しい気持ちに陥っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ