やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[恋人へ]の想い 男性 60歳以上

【第18次応募作品】

律子、病気の事、気付かずごめん
律子に言われた「意気地無し」噛み締め
律子の分迄、俺は、今、生きているよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈持田正行・神奈川県・68才・男性〉からの投稿

18歳の初恋の相手は、八嶋律子!山形酒田市と、東京秋葉原の遠距離恋愛!結ばれる事の無かった愛だけど、病気を押しての再開!ぐずぐずする俺に「意気地無し」と、そんな律子は、今は、雲の上、あの時、無知だった俺。律子と二人分生きている!

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ