やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第18次応募作品】

孫の誕生を楽しみにしていた父
亡くなって七年で結婚、十年で長男誕生
きっと立派な人になってくれると笑う父

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈いっちゃん・岐阜県・60才・男性〉からの投稿

孫の顔が見れずになくなった父。その後に誕生した長男の顔を見せてやりたかった自分の思いときっと喜んでこう言うだろうという想像です

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ