やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第18次応募作品】

ふるさとへ向かう足遠のき、墓参しがたく
遺影に伽羅焚き、「ありがとう」とつぶやく
コーヒーを飲む不肖の娘は、父の行年となる

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈モモンガ・福島県・66才・女性〉からの投稿

ふるさとの実家は世代交代もあり、疎遠となり、事故死した父の供養塔へ、盆、彼岸の墓参を避け、テッポウユリの咲く8月末に、ひとり墓参します。春彼岸と命日は、遺影に「お父さん、ありがとう」とつぶやき、顔も性格も父似の娘は66歳となりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ