やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第2次応募作品】

おじいちゃん、私達の子供が産まれました
名前はこうがです。抱っこさせたかった
そちらから成長見守ってて下さいね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈こうがのママ・福岡県・34才・女性〉からの投稿

旦那は幼い頃、事情があり祖父と生活をしていましたが、足の悪い祖父の手を引き、よくミニカーを買いにつれていってもらったそうです。そんな祖父母も早くに亡くなっており、孫の顔を見せることも、抱っこしてもらうことも出来なかったことを悔いているとよくぼやいています。せめて見守っていて欲しいと思い・・・毎日仏壇に手を合わせています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ