やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[義父さん]の想い 女性 40歳代

【第10次応募作品】

私の顔も名前も忘れてたけど、孫の事は
しっかり覚えてて、「又、山に行こうな。」
って笑ってた義父さん。もう一度一緒に…

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひぃー・宮城県・47才・女性〉からの投稿

毎日、自宅近くの山を歩くことを日課にしていた義父さん。私達とウォークラリーに参加して一緒に歩きましたね。コースを孫と完歩して嬉しそうに笑ってた顔が忘れられません。 天国でも歩いていますか? どんな山を登っていますか? 時々は足を休めて、その高い場所から私達を見てくださいね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ