やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第10次応募作品】

娘の高校合格見てすぐに向こうに行ったね
お母さん…あれから三年、無事卒業したよ
次は夢への第一歩だよ!見守ってあげてね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈よーたん・神奈川県・46才・女性〉からの投稿

私の娘が高校合格するのを待つかのように合格発表日の翌々日逝きました。そして、自分の目標を見つけ、その夢に向かって進学しました。母の望む進路ではないかもしれません。でも、きっと最後は認めて、見守ってくれていると信じています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ