やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第19次応募作品】

母が毎朝1番に淹れる、あったかい緑茶。
それとお土産の白い恋人、紅芋タルト。
一緒に行きたかった。もっと色んなとこに。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さおい・兵庫県・24才・女性〉からの投稿

父の知らない間に大学生になった私。大好きな旅行に出かける度に、名産品のお菓子などをお土産に買ってきます。帰ってきて1番にすることが、お土産をお仏壇に供えること。美味しく笑顔で食べてくれているかな?

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ