やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 30歳代

【第19次応募作品】

学校の先生に、合格の報告をしました。
「やったね。よく頑張ったね。」
お父さんの口癖が返ってきて…会いたいな。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈海添 悠・滋賀県・30才・女性〉からの投稿

母をはじめ、たくさんの人に支えられて、そしてたくさんの回り道をしながら、ようやく医師免許をとりました。同じく医師だった父は、生前「娘が医大に行ったらいいな」とこぼしていたそうです。そのことを知ったのは、父が亡くなってからのことでした。私のことを頑張り屋だと評してくれた父が喜んでいてくれたら、とても嬉しいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ