やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 30歳代

【第19次応募作品】

ガソリン被って火つけたから熱かったやろ。
いつもお供えは大好きやったソーダ水や。
待っててや。そっちで会えたら乾杯しよな。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈やじ・兵庫県・36才・女性〉からの投稿

私が幼かった頃、叔父さんが自らの命を断ちました。たくさん遊んでくれる、優しい人でした。祖母はいつも、ソーダ水をお供えします。向こうで会えたら、叔父さんに聞きたいこと、聞いてほしいことが山ほどあります。ソーダ水で乾杯しながら、ゆっくり話がしたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ