やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第19次応募作品】

あの時ああしてれば良かった
たくさんたくさん後悔した
じいちゃんごめんねじいちゃんありがとう

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈愛秋桜・愛媛県・24才・女性〉からの投稿

祖父が自分の事を自分でできなくなった時私は関わるのが嫌で避けてしまいました。暫くし祖父が入院、親に連れられ見舞いに行くも何も話す事なく帰るの繰り返し。いざ祖父が他界した時私は後悔ばかりでした。いろんな事してもらったのに何も返せてない、返すどころか仇で返すような事ばかり。だからここで謝罪と感謝をしたくてかきました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ