やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第19次応募作品】

タマ助はいつも自宅でかくれんぼ
仏壇に向かう私を見つけては現れ、大好きな
父の遺影と線香の煙を見つめて鳴くのです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ビーフカリー・京都府・52才・男性〉からの投稿

数年前亡くなった父は愛猫”タマ助”を溺愛していつも一緒でご飯も、寝る時も。そんな父が肺癌で亡くなって以来あまり表に出なくなったけど、線香と鈴の音色に誘われたかのようにひょこっり私の横に鎮座しては祈り終わるまで静かに佇んでいます。。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ