やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

一人で大きくなったねと言われたけど、
お母さんが友達となった写真を見ながら
今も、時々問いかけ相談しています。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おもちのぷーさん・京都府・67才・女性〉からの投稿

 自分も母の年齢に近づくにつれ、そのころの母の心情を推し量れるようになり、相談したいことがあればお線香をあげながら同年齢の母の写真に語りかけています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ