やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

すぐそこのお墓参りへいきたかったけど
遠慮し何も言えず、嫁の身分じゃ仕方ない
おーい!と祖父の声がしてほんまにごめんね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はなちゃん・大阪府・64才・女性〉からの投稿

別の用事で実家のお墓の近くまできていたけど一緒にいた家族に遠慮してお参りしたいといいだせなかった。お墓から離れて行く時、声が聞こえたんだけど行けなくてせめて手を合わせ帰宅してお線香をあげました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ